ロケーション

活気溢れる都市国家シンガポールで、最も賑わうオーチャードロードに位置しながら、当ホテルは、ふんだんなプライバシーとおもてなしをご滞在のお客様に提供いたします。

旅行情報

ダイナミックなコントラストとカラーにあふれるシンガポールでは、多様な文化、料理、芸術、建築のハーモニーがあらゆる場所で見受けられます。コンコルド ホテル シンガポールでのご滞在は、モダンビューティーの真ん中を存分にお楽しみいただけます。オーチャードロードの当ホテルを一歩踏み出すだけで、静謐な庭園や、まばゆいばかりの高層ビルなど、沢山の発見があることでしょう。

アクセス

シンガポールの中心部オーチャードロードに位置する当ホテルは、迷わずお来しいただけます。年間400万人が利用するチャンギ国際空港からは、複数の交通手段をご利用いただけます。
米国、EU、連邦諸国市民の方は、シンガポールへの入国に際し、ビザは必要ありません。

チャイナタウン

細い通りが無数に広がる歴史的地区では多数のレストランや美しいショップハウスが並んでいます。お寺の彫刻師、漢方薬局、書道家、商店、人力車の運転手などが昔ながらの面持ちで生活しています。チャイナタウンは視覚、聴覚を刺激する万華鏡のようなものです。お寺のお香の香りが来る人を温かく迎え、路上で様々な衣服や、当地で愛好される食べ物の1つである干しナマコが販売されています。ダイナミックで現代的なシンガポールで、チャイナタウンはノスタルジーあふれる場所です。

チャイナタウンのほとんどのエリアは近年、再開発されましたが、それでも、昔ながらの佇まいをふんだんに残していますタンジョン・パガーの通りを歩けば、凧、木底の靴、伝統的なハンコを作成する地元の職人の姿を目にすることができます。特に旧正月の期間には、チャイナタウン全体がライトアップされ、様々な催しものが開催されたり、祝祭品を販売する多数のお店が立ち並びます。

シンガポール ボタニック ガーデン

都市の喧騒から一息つきたいと希望される方には、ぴったりの目的地、それがシンガポール ボタニック ガーデンです。オーチャードロードの外れにあり、その内部には6万株以上の蘭が咲き乱れる世界最大のオーキッドガーデン、また、ジンジャーガーデンもあり、その他多数の植物が皆様の五感を刺激します。

風景を楽しみながらのご散策、園内の受賞歴のあるレストラン「オウ・ジャルダン」でのご飲食をお楽しみください。

入園料 無料

開園時間: 5:00am - 12:00am

ロケーション 1 Cluny Road, Singapore 259569

そこに取得 MRT(サークルライン)でのアクセス方法 Botanic Gardens 駅(CC19)でエコ・ガーデン(北側にあたります)に向かってください。

ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ

シンガポールの最新アトラクション、ガーデンズ・バイ・ザ・ベイではヘリテージガーデンで植物の歴史を通してシンガポールの多様性あふれる歴史や文化のルーツを知ることができます。トンボ池、キングフィッシャー池を散策し、現地のエコシステムがどのように作用しているのかをご覧ください。「Supertrees」の巨大サインとマジカルライト、音楽の夜景撮影を忘れずにお楽しみください。

入園料 無料(ベイ・サウスの野外公園)
*園内のアトラクションには料金がかかることがあります

開園時間: 毎日5:00am -2:00am

ロケーション 18 Marina Gardens Drive, Singapore 018953

そこに取得 MRT(サークルライン)でのアクセス方法 ベイフロント駅(CE1)で下車、直通地下道を通って、屋外に出たら、ドラゴンフライ橋を渡ってガーデンズ・バイ・ザ・ベイにお越しください。

その他のアトラクション

シンガポール・フライヤー

マリーナベイにある世界最大の観覧車は高さ170メートルです。シンガポール・フライヤーは天候の良い日には45キロ先まで見渡せ、シンガポールの街並みのみならず、その先のマレーシアやインドネシアまでご覧になることができます。一周にかかる時間はおよそ30分です。

開園時間: 毎日8.30am – 10.30pm

ロケーション: 30 Raffles Avenue

アクセス: MRTでCity Hall(EW13)またはPromenade MRT(2010年開業)詳しいアクセス方法はこちらをクリックしてください。
click here.

公式ウェブサイト: http://www.singaporeflyer.com.sg

 

ショッピングエリア

シンガポール滞在中にリテールセラピーが必要な場合、実に的確なロケーションにいらっしゃいますよ。シンガポールでは、なんでも販売されています。1ドルショップから5千ドルのクラッチバッグまで。コンコルド ホテル シンガポールの
立地は、ショッピングの中心地であり、バーゲン品からハイエンドブランドまで何でもそろっています。

シンガポール国内のめぼしいショッピングエリアやモールをリストアップしています。詳細に関しては、コンシェルジュにご連絡ください。

Plaza Singapura– 68 Orchard Road- コンコルドホテルシンガポールを出て左折し、道沿いに直進し、Buyong Roadを越え、首相官邸イスタナを越えれば、到着です。見落とすことはありません。

Orchard Central – 181 Orchard Road – オープンして間もないこのモールでは、アップマーケットなブランドから、ストリートウェアまで幅広い品ぞろえがあります。ホテルの出入り口をオーチャードロードに出て、最初の交差点にあります。旧シンガポール郵便局の隣、ちょうど道路の斜め前に見えるかたちになります。

313@Somerset – 313 Orchard Road – オーチャードセントラルの隣のこのショッピングモールはホテルから徒歩5分で到着できます。この人気のモールにはZara、Forever21、Aldo、Mango ユニクロなどのブランドがあります。また、Marche、Din Tai Fung等多数のレストランもあります。

Takashimaya / Ngee Ann City – 391 Orchard Road – 道路の反対側にあります。コンコルドホテルシンガポールを出て、道路を横切れば、3つ横断歩道を渡るだけで到着します。オーチャードロードを500メートルほど進みます。

Orchard Ion – 2 Orchard Turn – この素晴らしい新ショッピングモールは買い物好きの欲求を1つのビル内で存分に満たします。Dior, Burberry, Christian Audigier, Harry Winston, Marc Jacobsなどの一流ブランドとともに、FoxやG2000など若者向けのブランドも入っています。欲求シンガポール最大のコスメショップ、Sephoraもあります。

 

 

Forum the Shopping Mall – 583 Orchard Road – Ngee Ann City の前を過ぎOrchard RoadとCuscaden Roadの角にフォーラムはあります。

お食事処

シンガポールへようこそ!「選択肢がありあまる」という言葉がぴったりな当地の魅力をご体感ください。H Paper の協賛の下、シンガポールの豊富なお食事処についてまとめました。

当ホテルの客室には、お客様の閲覧用 H Paper がございます。どのレストランに行って、何を選ぶかについての豊富な情報を提供いたします。

リンク: http://h-paper.hplhotels.com/highlights/singapore-restaurants/1